初めての食洗機。購入大作戦!その1.食洗機が欲しい訳

家電のはなし

食洗機が欲しい!自宅を購入しておよそ10年。今になって食洗機の購入意欲がヤバい!

食洗機が欲しくなった訳

食洗機、食器洗い乾燥機。今でこそ、メジャーな家電になっているが、どうも高嶺の花というか、必需品とはちがう、贅沢家電のひとつ。という思いが強かった。

あと、値段も高いし、設置にも手間がかかる。手洗いでも、なんとかなるので、憧れはあったけれど、具体的に購入したいとまでは思わなかった。

それが、今、めちゃくちゃ食洗機が欲しい。次に買う家電候補ナンバーワンなのだ。

アンチ食洗機ではないが、全く購入意欲が無かった私が、食洗機が欲しくなった理由は・・・。

食洗機、イイかも。

そもそも、食洗機なんて、松屋で食事していると店員さんが食洗機に食器を入れたり出したりしているのを見て存在を知ったので、業務用のイメージが先行していた。飲食店でアルバイトでもしていれば、食洗機に触れる機会もあるだろうが、そうでない限り、食洗機に触れる機会すら無い。つまり、その利便性を体感することは稀だろう。

数年前、キッチンスタジオを借りたパーティーに参加する機会があって、食洗機を体感。業務用に近いビルトイン式の食洗機だったが、その便利さに驚いたものだ。出てくる食器がホカホカでピカピカなんだもん。

このとき、密かに「食洗機ってイイかも。」と思った。

食器を洗う時間がもったいない!

食洗機の便利さを体感したものの、やはり自宅に導入するのはハードルが高い。それに、食器洗いはぞれほど嫌いではない。むしろ、家事の中では好きな部類。それが、これまで購入意欲が高まらなかった一番の理由だと思う。

しかし、二人の子供も小学生に上がり、使用する食器の数がそれなりに増える。また、妻が食事の支度をすると、やたらに食器を使う。そして、貯める。

だから食器洗いに費やす時間も増えるし、帰宅して洗い物が貯まっていると、私が洗うのだが、仕事が忙しいと、その時間がもったいない。朝食の食器も洗う時間がないので、夜に洗うことになるのだが、それが妻にとって苦痛らしい。食器を洗う事に時間をかけず、少しでも子供を早く寝かしつけて欲しい。

「食洗機があれば・・・」と、思う場面がしばしば訪れるようになった。

食洗機で夫婦円満!?

たぶん、妻は食器洗いが苦手、もしくは嫌いだと思う。夏の間はまだ良いのだが、これから寒くなるにつれて食器洗いという家事のハードルが上がる。手も荒れる、お湯を使うからガス代もかかる。食器が貯まるので、手間も増えるし、それを洗う妻の機嫌も悪くなる。悪いことづくしだ。

機嫌の悪い妻と接すると、自分も機嫌が悪くなる。結果、喧嘩までは至らないが、不穏な空気が漂う。

そこに、食洗機があれば・・・。食器洗いを起因とするモヤモヤは解消し、夫婦円満な日々が訪れるのではないか。と妄想している。

気になって、ネットで情報を探してみると、食洗機を買って夫婦喧嘩が無くなった。とか、もっと早く買っておけばよかった。といった口コミが多数あり、余計に、食洗機が欲しくなった。

節水

食器が増えると、水を使う量も増える。ため水用の桶を置くスペースも無いので、自分でも水を使いすぎだなと感じることがある。無駄遣いしていると感じつつ、なかなか改める事ができないので気持ちが悪い。

食洗機を使えば、たぶん節水になるので、コスト的なメリットに加えて精神的な安定も手にすることができる。水道から、ジャージャー流れる水を見なくなれば、気持ちも良い。

手荒れ

冬場はハンドクリームが手放せない。食器洗いによる手荒れがひどい。食洗機があれば、多少予備洗いをするくらいだと思うので、ひどい手荒れからは開放されるだろう。

食洗機購入大作戦始動!

と、そんなこんなで物欲MAXの私は、食洗機の購入を決意した。妻に反対されないかと心配だったが、賛成も反対もされなかった。

反対さえなければ、賛成とみなして大丈夫だろう。そうと決まれば、機種選びだ。あと、予算の確保。

なんだかんだで、家電購入で一番ワクワクするのが、機種選定だったりする。食洗機といえば、パナソニックのイメージがあるのだが、価格が高そう。かける費用は安いほど良いが、良いものをより安く買いたい。型落ちでも良いので、高機能の商品を割安に買うのが好き、「お得感」大好き人間なのだ。

「食洗機の機種選び編」につづく。

タイトルとURLをコピーしました